・報告 <韓国絵本の読み聞かせ>

NPO日韓翻訳推進会による「韓国絵本の読み聞かせ」

この活動は、文字のみならず、音声と絵を通して「韓国の本」により親しみやすくし、絵本を楽しみながら韓国の生活文化や韓国の人々の心に触れていただくことを目的にしています。

当会による第1回目の「韓国絵本読み聞かせ」は、2016年10月23日、東京都豊島区の中央図書館が「文字・活字文化の日」スペシャル企画として開催した「おはなし会」にて行われました。この季節にふさわしい韓国の「チュソク」(お盆)を題材にした絵本を紹介しながら、そこに出てくるお餅や伝統衣装(チマチョゴリ)の実物を披露し、会場の皆様とも触れ合う機会を持つことができました。

2016年10月23日豊島中央図書館主催の「おはなし会」(韓国絵本スペシャル)にて
・読み聞かせ
  1.「솔이의 추석 이야기」(ソリチャンのチュソク): 花岡理恵
  2.「강아지똥」(こいぬのうんち): 加藤雅子、安峰子、山田智子、花岡理恵
・チマチョゴリとお餅、手遊びなど、韓国文化の紹介: 安峰子、崔鶴山

 

 

以下は、豊島区の≪広報としま 平成28年10月1日号(特集号≫ より抜粋

図書館おはなし会 ~10月27日は文字・活字文化の日~

読書の秋がやってきました。毎年10月27日は“文字・活字文化の日”。文字・活字文化についての関心と理解を広く深めるために、全国で様々な取組みが行なわれています。区内各図書館では、子ども向けの多彩な催しを行ないます。親子で本やおはなしを楽しみませんか。

[申し込み]当日直接会場へ。
文字・活字文化の日スペシャル
中央図書館 「おはなし会」
10月23日(日曜日) 午後2時から
◇絵本の読み聞かせ、手あそびなど。韓国絵本のスペシャル企画もあり。

Leave a comment

Your comment