・詩「森の絵本」長田弘 (「숲의 그림책」오사다 히로시)

 

 

林 久代(하야시 히사요) 역

어디선가 부르는 소리가 났어요.

그런데 둘러봐도 아무도 없습니다.

 

그러자 또 부르는 목소리가 났어요.

이번에는 아주 가까이에서요.

 

그런데 역시 아무도 없습니다.

나무 위에 펼쳐진 푸른 하늘.

바람이 가져다 주는 햇빛.

 

“여기야.”그 목소리는 말했어요.

작은 목소리인데  매우 맑은 목소리이었어요.

그런데 목소리 뿐이고 모습은 보이지 않습니다.

 

“여기야.”그 목소리는 말했어요.

아무데도 모습은 안 보이지만

상쾌하고 매우 뚜렷한 목소리이었어요.

 

“같이 가자.”

모습이 안 보이는 목소리가 말했어요.

“같이 찾으러 가자.”

 

“너의 소중한 것을 찾으러 가자.”

모습이 안 보이는 목소리가 말했어요.

“너의 소중한 것을 찾으러 가자.”

 

“자 보렴, 저 수면의 반짝임.”그 목소리는 말했어요.

목소리의 저편에 반짝반짝 빛나는

큰 강이 유유히 흐르고 있습니다.

“소중한 것은 저 수면의 반짝임.”

 

“자 봐, 저 꽃들의 빛깔.”그 목소리는 말했어요.

많은 꽃들이 어우려져 피어 있습니다.

조용한 계절이 미소짓 듯이

“소중한 것은 저 수 많은 꽃들의 빛깔.”

 

“들어봐, 저 웃음소리.”그 목소리는 말했어요.

공원 숲사이에서

갑자기 아이들의 깔깔거리는 목소리가 들려 옵니다.

“저 밝은 목소리를 잊지 말아요.”

 

느껴 봐, 이 향기.”그 목소리는 말했어요.

매우 맛나는 냄새가 풍겨옵니다.

어디선가 누군가가 쿠키를 굽고 있어요.

맛있는 내음. 그립고도 달콤한 향기.

“달콤한 쿠키 냄새를 잊지 말아요.”

“이것 봐, 이 책.” 그 목소리는 말했어요.

이 책은 네가 어렸을 때 꽤 좋아했던 책이지.

몇번이나 몇번이나 되풀이해서 읽어 주시던 책.

“그 책 속에는 너의 소중한 것이 있어.

절대로 잃어버리면 안 되는 너의 추억이–”

 

“저기 봐, 저 창문을.” 그 목소리는 말했어요.

밤마다 그 창문을 통해 너는 하늘을 올려다 보며

별들을 세고 있지. 마치 희망의 수를 세듯이.

“그 창문을 통해 너의 소중한 것이 보인다.

절대로 잃어버리면 안 되는 너의 꿈이–”

 

–너에게 소중한 것은 뭐야?

“좋아하는 사람의 손을 잡으면 안다”

그 목소리는 말했어요.

“봐, 이렇게 따뜻해. 소중한 것은 그 따뜻함”

 

–너에게 소중한 것은 뭐야?

“좋아하는 사람의 눈을 보면 안다”

그 목소리는 말했어요.

“자 보렴, 그 사람 눈 속에 네가 있다”

 

“숲으로 가자.”

그 목소리는 말했어요.

“제일 소중한 것이 숲속에 있다.

너의  제일 소중한 것이 그곳에 있다”

 

고요한 숲속.

숲의 고요함을 만들고 있는

하늘에까지 다을 것 같은 크고 무성한 나무들.

큰 나무는 자신보다 큰 그림자를 만들어요.

 

고요한 숲속.

숲 속 큰 나무 뒤에는 천사가 있어요.

바람 소리가 아니예요.

귀를 기울이면, 들리는 소리는 천사의 날개 소리예요.

 

숲이 숨쉬는 건 풍부한 침묵입니다.

숲이 살고 있는 것은 풍부한 시간입니다.

 

아침이 오고 정오가 되고 오후가 되고

저녁이 오고 그리고 밤이 되어

모두 다 잠을 자고 다시 아침이 오고

 

여름이 오고 가을이 오고 겨울이 오고 봄이 오고

그리고 백년이 지나

오늘도 고요한 숲속.

 

어디선가 부르는 소리가 났어요.

–소중한 건 뭐예요?

–진정 소중한 것은 뭔가요?

 

 

 (原文)

「森の絵本」 詩・長田弘 絵・荒井良二 (1999年 講談社刊)

 

どこかで よぶ声が しました。

でも 見まわしても だれもいません。

 

すると また よぶ声が しました。

こんどは ずっと すぐ近く です。

 

でも やっぱり だれもいません。

木のうえに ひろがる 青い空。

風がはこんでくる 日の光。

 

「ここだよ」その声は いいました。

小さな声なのに とても 澄んだ声でした。

でも 声のほか すがたは見えません。

 

「ここだよ」その声は いいました。

どこにも すがたは 見えないのに

気もちのいい とても はっきりした声でした。

 

「いっしょに ゆこう」

すがたの見えない 声が いいました。

「いっしょに さがしにゆこう」

 

「きみの だいじなものを さがしにゆこう」

すがたの見えない 声は いいました。

「きみの たいせつなものを さがしにゆこう」

 

「ほら、あの 水のかがやき」と その声は いいました。

声のむこうを きらきら光る

おおきな川が ゆっくりと 流れてゆきます。

「だいじなものは あの 水のかがやき」

 

「ほら、あの 花々のいろ」と その声は いいました。

たくさんの花々が 咲きみだれています。

そっと季節が ほほえんだみたいに

「たいせつなものは あの たくさんの 花々のいろ」

 

「ほら あの わらいごえ」その声は いいました。

公園の 木だちのあいだから

子どもたちの はじけるようなわらいごえが きこえてきます。

「あの 明るい わらいごえを わすれてはいけない」

 

「ほら、この におい」その声は いいました。

とても おいしそうな においが ひろがってきます。

どこかで だれかが クッキーを やいています。

いい におい。なつかしい あまい におい。

「クッキーの すてきな においを わすれてはいけない」

「ほら、この本」と その声は いいました。

その本は 子どものきみが とてもすきだった本。

なんべんも なんべんも くりかえして 読んでもらった本。

「その本のなかには きみの だいじなものが ある

ぜったいに なくしてはいけない きみの思い出が――」

 

「ほら、あの窓」と その声は いいました。

その窓から 夜 きみは 空を見あげて

星々のかずを かぞえます。希望のかずを かぞえるように。

「あの窓からは きみの たいせつなものが 見える

ぜったいに なくしてはいけない きみの夢が――」

 

――きみにとって だいじなものは 何?

「すきなひとの 手を にぎると わかる」

その声は いいました。

「ほら、こんなに あたたかい。だいじなものは その あたたかさ」

 

――きみにとって たいせつなものは 何?

「すきなひとの 目を 見れば わかる」

その声は いいました。

「ほら、そのひとの 目のなかに きみがいる」

 

「森へ ゆこう」

その声は いいました。

「いちばん だいじなものが 森のなかに ある。

きみの いちばん たいせつなものが そこに ある」

 

しずかな森のなか。

森の しずけさを つくっている

天までとどく たくさんの おおきな木。

おおきな木は じぶんよりおおきな影を つくります。

 

しずかな森のなか。

森の おおきな木のうしろには 天使がいます。

風の音 ではありません。

耳をすますと きこえるのは 天使のはねおと です。

 

森が息しているのは ゆたかな沈黙 です。

 

森が生きているのは ゆたかな時間 です。

 

朝がきて 正午がきて 午後がきて

夕べがきて そして 夜がきて

ものみな 眠り ふたたび 朝がきて

 

夏がきて 秋がきて 冬がきて 春がきて

そして 百年が すぎて

きょうも しずかな 森のなか。

 

どこかで よぶ声が します。

――だいじなものは 何ですか?

――たいせつなものは 何ですか?

Leave a comment

Your comment